太もも二の腕脂肪吸引日記

水の森美容外科での太もも臀部含む及び二の腕の脂肪吸引の記録、備忘録、日記、短編小説、などなど。

番外編・二重の手術

しばらく前に、二重にしました。

二重P-PL挙筋法やったかな?


これは、最初に他院のカウンセリングを受けに行ったんですが、男の先生で

「どんな感じにしたいですか?」

と聞かれ、

「かわいくして下さい(笑)」

と言うと、

「眼瞼下垂が結構あるから、それを優先した方が良いですね、

保険診療で手術してもらえる所もあるから、

探してみると良いと思います。

今、二重にしても逆に眠そうになるだけだし、かわいくはなりませんよ。」

と言われ、その場をあとにすることに。

あと、ここはその日の受付の方の感じが悪かったです。

人の目を見て話さない。

自分が冴えない外見だからかなー、知らんけど。

もう来ることないから、知らんけど\(^o^)/



その後、知ってる形成外科の先生がいたので、「眼瞼下垂って言われたんですけど…先生、切って下さいませんか……(இДஇ`。)」

と尋ねたところ、少し目と瞼を診てくれはって、

「無いよ?(・Д・)」のお返事。


マジっすか。。。



で、別の美容外科に来てみました。

女性の先生で、

「形成出身じゃないドクターは、眼瞼下垂があるってよく言う事が多いんですよね…。そんなこと言ってたら、どれだけ眼瞼下垂の人が多くなるんだ、という。」

「´д` 」

「それと、眼瞼下垂と二重にすることは別物ですからね。」

「´д` ;」

という旨のお話、

デザインをしてくれて、

そこは皆さん全体的に感じが良かったので、

も、その日のうちに受けてきちゃいました


二重にした理由も、

まあ色々ありまして、

瞬きする時にまぶたが重くって痛くって開放されたかったことがメインで、

逆睫毛の問題やマスカラしてもまつ毛が下向きで視界に入ること、

今までストレスを感じたら髪を切ってたんですがベリショになってしまったんでもう切る髪が無く代わりに…というのと、

30年以上付き合った自分の顔にもういいかと別れを告げたかったこと、

何か心境の変化や転機にならないかと思ったこと、

単純に二重への憧れ、

など、など


35歳になったら二重にしようと思ってたんですが瞬きしんどいし、もうしちゃおっか❗️となりました。


痛いのは絶対嫌だったので

入念に麻酔を付けてもらって、

97000円だったと思います。

ぴぇぇ。


しかし、片目5分で終わったのには驚きました。

切るのではなく、針で糸をかけて結ぶんですね。

手順の記憶が朧げですが、

麻酔などの点眼薬を順々にさし、

板を瞼の裏に差し込んで、

下の方を見ててくださいね〜、

とか言われつつ、

やはり目なので緊張しながら受けてるうちに、

「次左目しますね。」

と言われ、早ッッ!!

最後はクーリングして終了。


落ち着くまでは1週間くらい(だっけ?)かかります、

との事でした。

右まぶただけ内出血があったのですが、

まあ、気にせず帰りました。


日曜日を挟んで職場に出てみると、

意外?とバレる……。

「あれ何か今日可愛いね?」

「なんだか今日華やかですね?」

「あっ二重にしたの?」

「言っちゃだめなのかと思ってました。。」

「気になっててんー」

「整形!!」←大声で叫ばれてえっなんだこの人……となった\(^o^)/

「私も受けようかと思っててねー。」

「良いと思います!」

「一重も好きでしたけどどちらも好きですよ」

「幾らしたんですか?」

「何があったん?」

「やっぱり印象変わりますねえ」

「おっなんかええやん今日ー!」


などなど、皆の反応は様々でした

思ったより良かったです



今は、術後すぐより二重の幅は狭くなって落ち着いています。

以前の顔はあまりよく思い出せません。

瞬きの時の重さは、なんとなくマシになった気がします。

以前ほど気にならない。


一重だとアイメイクにアイライナーを使ってたけど、二重だとあまりいらないから、楽だ……


と、いう、

誕生日前後の記念的な思い出でした。