太もも二の腕脂肪吸引日記

水の森美容外科での太もも臀部含む及び二の腕の脂肪吸引の記録、備忘録、日記、短編小説、などなど。

術後1日目の続き

ガードル履いて、ヨチヨチと出発。

受付の方に見送ってもらう。

(カウンセラーさんなのかな?クラークさんなのかな??わからない)


そして、あとから色々してくれた看護師さんも出てきてくれて、

「お仕事頑張ってくださいねー!」

と励ましてくれたのでした。

がんばりましゅう……と

尻切れトンボな声を出しつつ、

階段を、手すりを持って、

なんとか一足一段で登る。

地上。

やっぱ暑いんですが、痛みとガードルの締め付けを感じながら歩いていると、汗に構っていられない。

東梅田駅と大阪駅の間にはいくつか階段をはさむんですが、一応それなりのスピードで昇り降りできました。

痛みを我慢して早く歩こうと思えば歩ける。

しかし歩き方は変

痛みとツッパリで膝が曲げられないからでしょうか……。


それにしても、ここガードル、お腹もギュギュっとしてくれて、キツイことこの上なしなので、強制的にダイエットの始まりです。

このお腹の締め付けを仕事で一日中は耐えがたいので、出来るだけ引っ込めねば……


途中にね、たい焼き屋さんがあるんですよ。

お芋の餡のやつを食べてみたいんだけど…

さすがに今日はな。

あと、駅にあるお店のアップルパイと、

スイートポテトも気になってるけど、

はや数年。

次、抜糸の時に帰りに買っちゃお。()


電車に乗って、痛いのと動きにくいのとでゆっくりと座席の立ち座り。

駅の階段は流石に登る気になれずエスカレーター。


ガードル履いたまま用を足すということは、出来るだけ開脚しないと汚しかねないのではないか……という不安から、

でかいパンツを買いました。伸びるの。


そして、以前ツイッターで見た記憶のある

これ

f:id:satoe26:20160731185931j:plain

貧血にとても良いらしい。

そして、疲れとお腹の締め付けもあり、

お昼用におにぎり、夜ご飯はソイジョイにしたのでした……( ̄▽ ̄)


帰る途中で違和感を感じ足元を見ると紐パンが、マキシワンピの下で膝下に移動しているのがわかる……!!?

柱の陰で、コソコソとワンピの上からたくし上げ事無きを得ました(多分)。



処置中に、看護師さんから、

細くなったらどんな事がしたいですか?

の旨のことを聞かれて、

デニムの封印になってるショーパンを履いたり、とか……

という話をしてました。

水着とか。この歳では露出の高いものは着れませんが


手術にまで至った理由も色々あって、

ふくらはぎのだるさや痛みが強くて、要らないものを取れば少しでも楽にならないかと縋って最初に脂肪吸引を考えたのはふくらはぎでした。

筋肉が多いのであまり効果はないですねと言われたこと、

太ももは効果があって実感もしやすい部分であると言われたこと、

予算的な都合などから、

最終的に太もも優先になりました。


生活の中で正座が身近にあるのですが、脚が太いと神経を物凄く圧迫するのか或いは血行を止めてしまうのかな、

痺れを通り越して痛いんです。

痛くて泣いてしまう。

脚を細くしたい……(手術から約2ヶ月は正座できないらしいですが)と思ったり。


仕事が不規則で、その年は忙しすぎて半年で58㎏から40㎏台まで落ちてしまったことがあって、二の腕もふくらはぎも足のサイズさえも変わったのに太ももは殆ど変わらなかったから、

太ももを細くしたいなら、根本的にはこれが1番効くのだろう、と思ったことや、


もてたりチヤホヤされることとは無縁だったし、結婚願望が無いので、彼氏いない歴が更新されているけれど(2年経ちました)

じゃあ将来1人でずっと生活するってなったときに、自分の事を自分で好きでいたい……

願わくば出来るだけ華奢な身体でありたい……


怒られる事もあるかもしれませんがお乳も小さくしたいです。辛い。

肩こりがひどくて何度も吐いてしまうほど、胸が重い。


脂肪が無くなったら、汗も今ほどはかかなくて済むのかな。

すごいすごい汗かきなんです……(。-_-。)

デブじゃない時も汗かいてたかは思い出せない。

だから二の腕と背中をしたかったけど、夏なのでガードル(腕もガードルっていうのかな?)をつけ難いから、

そしてダウンタイムが一番大変、とのことで、大腿・臀部含む、にしました。


根本には、昔太ってたことで虐められた思い出も影響してるのかもしれませんね。

ていうか、昔じゃねーわ。大人になってからも卑劣な物言い受けてるわ。

耐えたり受け流したりしてる人だっているよ!という人もいるでしょうが、

いらんストレスは受けたくない!!


そして、やっぱり、服を選ばないって良いですよね。。。


今後おそらく数十年続く人生、好きな身体で生きたいッス。

過去にあらかたの努力はしたので、もう手術に頼らしてくれ。


しかし、金銭的にも意を決したのに、

やはりラクして細くはなれないとのことで、


ダウンタイムとの闘いが始まる……



家に帰ると一晩お留守番しててくれたねこがお出迎えでにゃーにゃー鳴いてくれました。

ひとしきり撫でて、遊んでモードに突入し、しかし動けないのでベッドサイドで猫じゃらしであやすという……

しばらくすると疲れたのかうとうとしてました。可愛いんじゃあ〜


f:id:satoe26:20160731192645j:plain



だが、通りすぎるときに太ももを踏まれたり飛び乗られた時はウキャーーー!!!!!

と悲鳴が上がるのでした。