読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太もも二の腕脂肪吸引日記

水の森美容外科での太もも臀部含む及び二の腕の脂肪吸引の記録、備忘録、日記、短編小説、などなど。

脂肪吸引当日②

たぶん日記の細かい所は緊張と麻酔で曖昧ですがご容赦くださいませ。


朦朧ですが気付いたら肩を貸してもらって手術台から降り、リカバリールームに戻っていました。事前に、手術は4時間くらいですと説明を受けていて(先生大変や)、その後寝てたんだと思います。

ふと目が覚める。
電気毛布とお布団がかかっている。
トイレ行きたい

結構、いやかなり行きたい。
見上げると点滴バッグは下からなので微妙だが1/3位残っている?
眠気がすごい。吐き気はない。寒気はする。
枕元のベルを鳴らして、看護師さんに来てもらう。
すみません、トイレ行きたいです……それと、トイレの時に巻き込んだらなので、点滴良かったら抜針してください…………とお伝えすると、
とりあえず座ってみましょう、という事になった。あんまり目がくらむとかはなかったんだけど、
血圧が測れない。
機械で二回図るも測定不能。この時は自分で脈をとっても触れなかった。
ただ、動けたので、なんと椅子に座ったままトイレに運んで連れて行ってもらったσ^_^;
トイレの中では立つことが出来、でも、圧迫包帯を汚すわけにはいかん!!と脚を頑張って開きティッシュペーパーでおしっこの流れを誘導しサッと拭く……
きたない話ですみません……
眠気がすごい中やってのけました。

それで、帰れるかなあと思ったのですが、寒気がすごくて、自分では悪寒はそんなに感じてないんだけど身体が勝手にブルブルブル!!という感じだった。
寒気と血圧のこともあって、もう少し休みましょうね。という事になったと思う
腕時計を付けると、4時半くらい?だった。

リカバリールームにいた際、
先生も術後に来てくださいました。
「4050cc取れましたよ(・ω・)」と!
おおーそこそこですねえ!o(^▽^)oと驚くと、
「筋肉も多かったですね。
気にされていた内ももの所も取れましたよー、
その分、皮が余るかもしれないので、圧迫はしっかりとしてくださいね(・ω・)」
「ヒッ、余らないように頑張ります……」
たるみこわい。


一眠りすると、5時半くらい。
ぼーっとしていたのか6時半だと勘違いしていて、ああ7時までだから行かなきゃと思って予約していたホテルに、チェックイン時間ちょっと早くなりますお願いします〜と電話。
看護師さんに来てもらって、抜針してもらって、5時半ですよ〜。と教えてもらって気付く。。もっと休まれる方もおられますよ。体力ありますね、さすが大変なお仕事されてるだけありますね!と褒めてもらいつつ、
いや、ほんとは虚弱なんですけどそうふるまざるを得なくてごにょごにょ……となぞの言い訳。


もう少し休ませてもらって、
電気毛布あったかいなあ〜〜と思いながら、ツイッター開く余裕も出てきたのでw
6時半にホテルに行く決意をしました。
看護師さんにタクシーをつかまえてもらい、
それまで立ってみようと立ち上がり壁にもたれかかると、
視界が!!視界が光のモザイクパネル!!びっくりした!!かろうじて見えてはいたので、
アタック25かよ!と思いながら歩行。
なんでか音も遠く聞こえて、耳に何か詰めたみたい。
そして、重い重い荷物を、階段を昇り、出口まで抱えて持ってくれた看護師さん(இДஇ`。)
大丈夫ですよ、この階段を登り切ればあとちょっとですよ、とか、色々励ましてもらいながら。
アイテムを詰めまくった重い荷物をありがとうございます( ´ω` * )
そしてタクシーに乗り込んだのでした。

当日レポ続きます。